HOME>注目記事>レッスン形態やカリキュラムなどを基準にして自分に合った教室を選ぶのが賢明

レッスン形態やカリキュラムを基準にする

先生と生徒

英会話教室といっても、レッスン形態やカリキュラムなどそれぞれの教室によって異なります。そのため、グループレッスンかマンツーマンレッスンか、ビジネス向けのカリキュラムか一般的な英会話を向上させるためのカリキュラムなのかなど、それぞれの教室の違いを把握して自分に合ったものを選ぶ必要があります。料金を抑えほかの人と一緒に楽しく英会話を向上させたいならグループレッスン、発言回数を増やし短期間で英会話力を上げたいならマンツーマンレッスンがおすすめです。仕事に役立てたいならビジネス英会話が学べ、海外旅行などに役立てたいなら日常英会話が学べる教室が良いでしょう。

体験レッスンを受けてみる

英会話教室のレッスン内容はホームページや口コミなどを見て情報を仕入れるよりも、体験レッスンを受ける方が自分に合った教室を見つけやすくなります。レッスン内容や教室の雰囲気、講師の質などを実際に体験して見極められるからです。ほとんどの英会話教室が無料もしくはワンコイン程度の費用で体験レッスンを行っているので、申込む前に一度受けておくのが賢明です。2つか3つの教室の体験レッスンを受け、最も良かったところに決めると良いでしょう。

初心者は日本語講師もあり

英語の発音を良くするにはネイティブの講師から習うのが一番ですが、日本語がそれほどうまくない講師の場合はきちんと意思の疎通ができないこともあります。そのため、ネイティブ講師だけの英会話教室ではなく、日本語講師とネイティブ講師の両方が在籍する英会話教室を選ぶのが無難でしょう。週4回のレッスンのうち3回が日本語講師、1回がネイティブ講師という形態をとっている教室もあります。レベルに合わせた選び方をすることが大切です。

広告募集中